Loading the player ...

第3回 | Is There Honey Still for Tea?:Rupert Brooke Reminisces about Cambridge

【概要】
ケンブリッジ郊外の村グランチェスターを心の故郷とする戦争詩人ルパート・ブルックの詩を読む。同時代にケンブリッジの学生であったジークフリード・サスーンの戦争詩にも触れる。
【キーワード】
Cambridge, Grantchester, Rupert Brooke, 'The Soldier', 'The Old Vicarage, Grantchester', Siegfried Sassoon, 'How to Die', afternoon tea