Loading the player ...

第1回 | 太陽系の「発見」

【概要】
本講義の導入として、人間による太陽系の認識の発展を、「発見」をキーワードとして整理する。古代の人々にとって、日月五惑星は神だった。惑星と太陽系はどのように発見され、認識され、理解されてきたか。惑星の動きの観察や占星術から発展した天文学は、人間が生んだ最初の科学だったともいえる。望遠鏡の登場とともに急速に進んだ太陽系像の拡大をたどり、冥王星問題の背景ともなった大きな発見まで、太陽系についての基本的な認識をまず確保しよう。
【キーワード】
星座、惑星の運動、占星術、望遠鏡、天体力学、冥王星問題、太陽系外縁天体