Loading the player ...

第3回 | つねに戦時中-アメリカ文学と戦争

【概要】
アメリカは第二次世界大戦終結のあとも、世界各地で――朝鮮半島、ベトナム、イラク、アフガニスタン――絶え間なく戦争を続けてきた。そして戦争の現実を、直接間接に、そしてときにリアリスティックに、ときに幻想的に描く文学作品の傑作が数多く書かれてきた。ティム・オブライエン、デニス・ジョンソン、そしてケヴィン・パワーズらの戦争文学を通して「別のアメリカ」の様相を探る。
【キーワード】
朝鮮戦争、ベトナム戦争、9・11、イラク戦争、アフガン戦争、他者との遭遇