Loading the player ...

第10回 | 移動と文学-「世界」の「地図」を描く

【概要】
文学は「移動」をつねに題材にしてきたが、20世紀以降、人口の移動が激化するとともに、文学もこの題材を多様に扱ってきた。冷戦体制下の亡命、そして現代の移動の様相を中東欧の作家(ミラン・クンデラ、オルガ・トカルチュク)の作品を題材に検討する。
【キーワード】
移動、亡命、移住、紀行文、表象、小説、中東欧