Loading the player ...

第14回 | グローバル化する現代日本文学-日本語では読めない日本文学

【概要】
いまや村上春樹作品は世界的に広く読まれており、同時代の日本作家の作品も多くの言語に翻訳されている。日本文学の翻訳者である担当講師が、自らの英語圏での経験を踏まえ、日本文学の作家が世界的に読まれるために何が必要なのか、どのようなハードルがあるのかを検討する。また、日本文学が翻訳で読まれることで、どのような変化、どのような新しい読みが可能になるのか、具体例を通して探求する。
【キーワード】
翻訳、現代日本文学、読みの多様化