Loading the player ...

第12回 | 食品と免疫

【概要】
病原菌などの異物を認識し、それを排除する仕組みの一つが免疫系である。特に、腸管には「腸管免疫系」という特殊な免疫系がある。病原体などの侵入に対して、腸管免疫系がそれらを認識してIgA抗体をはじめとする防御因子を生産して生体を守る。一方で、腸管免疫系は経口的に摂取した食品などに対する過剰反応を抑制する仕組みを持っている。このような腸管での免疫応答反応のメカニズムや食品によるその制御について解説する。
【キーワード】
感染防御、抗原、抗体、抗原提示、腸管免疫系、IgA、IgE、肥満細胞